python と numpy の配列。追加や削除、ソートなど基本操作まとめ

python のリストと Numpy の ndarray はどちらもデータの配列です。用途はそれぞれ異なりますが、追加や削除のような基本的な機能はどちらにもあります。が、そうした機能も、使える関数やメソッドに微妙な違いがあるので整理してみました。

python 配列 numpy 配列
追加 append
numpy.append
numpy.append
挿入 insert
numpy.insert
numpy.insert
連結 extend
numpy.append
+ 演算子
numpy.append
削除 del
pop
remove
numpy.delete
numpy.delete
配列の
繰返し
* 演算子 repeat
ソート sort
sorted
sort
sorted

赤字 はメソッド

メソッドで配列を操作すると元の配列が変更されます(repeat は除く)。
sorted や numpy.append のような関数で操作を行うと元の配列は変更されず、新たに配列のオブジェクトが生成されます。
メソッドでも関数でもない del は元の配列を変更します。

- 目次 -

スポンサーリンク

追加

要素を末尾に追加する方法です。

python

numpy

挿入

要素を任意の場所に挿入する方法です。

python

numpy

numpy 配列に insert すると、なぜか長さが切りつめられてしまいます。
上の例だと、’ZZZZ’ を挿入するつもりが ‘Z’ になってしまう ???

連結

配列と配列を連結する方法です。

python

numpy

削除

要素を削除する方法です。

python

numpy

繰り返し

配列を繰り返します。

python

numpy

ソート

ソートです。

python

reverse=True で降順。

numpy

reverse=True で降順。

numpy の sort メソッドは reverse 指定ができません。

スポンサーリンク

コメントはお気軽に